カルシウムの未来

カルシウムの未来

ここまで、カルシウムが人間の健康に与える影響や、「炭酸カルシウム」のようなカルシウム化合物が、私たちの暮らしに与える影響を紹介してきました。ここでは今後、カルシウムがどのような流れで、私たちの生活に入り込んできたら面白いかを紹介します。一種のSF的な、おとぎ話として読んで頂けると幸いです。

カルシウムの未来<健康編>

私たちの健康に関連して、将来的に出てきてほしいカルシウムと言えば、皆さんならどのようなものを思い浮かべるでしょうか?

カルシウムの未来1・吸収率均等剤

栄養素としてのカルシウムが、人間の生命維持にとって欠かせないものだという事は、このサイト内で何度も紹介してきました。同時にカルシウムは食品によって吸収率が変わり、ビタミンDなどと併用しなければ、効果的に体内に吸収されない事も紹介しました。この点は研究によって、いくらかは改善できうる(してほしい)ポイントです。どんな食品からも同率でカルシウムを取る事ができれば、とても便利ですよね。

カルシウムの未来2・スーパーサプリ

そもそもカルシウムに限らず、自分の体に不足している栄養分を一発で補ってくれるサプリメントがあれば、何の苦労もありません。カルシウムの場合は特に、1日の摂取許容上限があるので、「その日1日分の、足りていない栄養分を一発で補える」サプリメントが発明されれば、ノーベル賞ものです。

カルシウムの未来3・食品添加物

多くのカルシウム化合物が、食品添加物として利用されています。皆さんもご存知の通り、現在安全とされている食品添加物の中には、詳しく研究すると体にとってキケンなものもあるようです。カルシウム化合物の多くは体に大きなダメージを与えないのが、1つのウリなので、今後更なる安全な食品添加物の開発には欠かせない存在です。

カルシウムの未来4・医薬品

乳酸カルシウムのような、カルシウム化合物の医薬品への応用も、今後更なる研究・発展が期待できる分野です。カルシウム化合物の特性として、トラブルの元を直接やっつけることは難しいかもしれませんが、より体への負担を減らすためには、カルシウム化合物の応用が欠かせないはずです。

カルシウムの未来<工業編>

私たちの生活をより豊かで便利なものにするため、カルシウムを応用した工業用品は日ごとに研究が進められています。カルシウム化合物を工業の分野へと応用する場合、以下の2つの分野で大きな飛躍が期待されます。

カルシウムの未来1・リサイクル

現在でも炭酸カルシウムのように、カルシウム化合物をリサイクルに応用する技術は進められています。このような流れは、環境問題の意識の高まりとともに、今後さらに進められるでしょう。

カルシウムの未来2・強度の高い工業用品

将来的にもカルシウムの特性を利用した、より強度が高くコストが安い工業用品が発明され続けるでしょう。特にケイ酸カルシウム板のようなカルシウム化合物は、エコの発想も加えることが可能なので、将来的には大きな期待が持てるはずです。

カルシウムは、今後も私たちには欠かせないモノです

カルシウムは大昔から地球上に存在し、そこに生活する大部分の生物に大きな影響を及ぼしてきました。もちろん、私たち人間も例外ではありません。しかし栄養素としてのカルシウムの側面から考えれば、現在の私たちはカルシウムと上手に付き合っているとは言えません。カルシウム化合物の研究は専門家に任せるしかありませんが、毎日を健康に暮らすためには、カルシウムの摂取も含めた食生活の見直しをしなければなりません。

身近なカルシウム

私たちの身近にカルシウムがあるのか、カルシウムの身近に私たちがいるのかは、少し哲学的な問題です。人間に限らず全ての動物は、周りの環境に自分を合わせるという能力を持っていますよね。ですからカルシウムを上手に利用する手段を、人間の側から学んだというのがどちらかと言うと正しいでしょう。そう考えると、私たち人間はカルシウムに限らず、環境に対してもう少し謙虚に生きていかなければならないのではないでしょうか。