水酸化カルシウム

水酸化カルシウム

学校の理科の実験などで、よく用いられますよね。ここでは、そんな特徴や用途、取り扱い上の注意点に加え、現在どのように利用されているかまで説明します。取り扱い方を覚えることで特徴などについて知ることができます。

特徴

化学式Ca(OH)2で表される物質で、別名を消石灰と言います。酸化カルシウムに水を加えることでつくる事ができます。また、わずかながら水に溶けます。ちなみに、このようにしてできた水溶液を石灰水と呼びます。

あれこれ

用途や取り扱い上の注意点、二酸化炭素との関係を紹介します。

用途

・ (グラウンドに引く)白線

・ (こんにゃくの)凝固剤

・ (酸性化河川の)中和剤

取り扱い上の注意点

そのものを直接触ったりすると、炎症などを起こす可能性があります。ですから、取り扱う際には、十分注意しなければなりません。もし誤って触ってしまった場合には、水ですぐに洗い流したり、場合によっては医師の診断を受ける必要があります。また炭酸カルシウム同様に吸湿性があるので、日光の当たらない乾燥した場所に保存しなければなりません。

二酸化炭素

水酸化カルシウムの飽和した水溶液に二酸化炭素を注入すると、できあがり、白くにごります。またそこからさらに二酸化炭素を注入すると、炭酸水素カルシウムが出来上がります。

ダメージ

先ほど紹介した通り、こんにゃくの凝固剤として使われています。こんにゃくをいくら食べても健康に影響はありませんが、ラットを使った実験では、大量に摂取するとダメージがあるらしいという結果も出ています。私たちの生命に直接関わることなので、今後さらなる研究結果が待ち望まれます。

利用の最前線

水酸化カルシウムは先ほど紹介した通り、グラウンドに引く白線やこんにゃくの凝固剤として利用されています。最近では、さらそこから進化した利用法も研究・実用化されています。

利用の最前線1・プラスチック材の充填材

最近注目されている開発品として、プラスチック材料の充填材があげられます。以前のプラスチック材料の充填材には、水酸化マグネシウムが利用されていました。しかし、水酸化カルシウムを利用した場合には、コストが3割ほど安く済むという利点があります。それに加え脱臭性や衛生面も向上できるので、一石二鳥、三鳥なのです。

どうしてこれほど身近なの?

私たちの生活に密着した物質である事は、先ほどから何度も紹介してきました。しかし、そもそもなぜこれほど、私たちにとって身近な物質なのでしょう。これは私たち人間の生命活動にわるい影響をほとんど与えない物質である事が大きく関係しています。もう少し簡単に言うと、炭酸カルシウムが地球上に存在していても、何ら問題なく生きていける生物が人間だという事です。

ますます発展が見込まれる物質です

炭酸カルシウムなどと同じく私たちにとって身近な物質であるのと同時に、さらなる開発が期待できる物質でもあります。セメントやプラスチックなど主に工業面での研究が盛んなので、今後より頑丈でコストダウンを計れる水酸化カルシウム製品が現れるかもしれません。

化合物と理科の実験

ここで紹介した水酸化カルシウムをはじめ、化合物には小・中学校の理科の実験で使われるものが多数あります。皆さんも学生時代に、1度はこれらの化学実験をした(させられた)経験があるはずです。しかし、なぜこれほど化合物は、理科の実験に用いられるのでしょう。これは基礎教育における理科の授業で、二酸化炭素や酸素の結合・分離を知る上で化合物が、その説明の簡単な好例だという事が原因となっています。大半の化合物は、本来ならば触ると炎症を起こす化合物です。しかしこれらの場所で使われる化合物は、子供の安全面にも十分配慮されたつくりになっているので安心です。しかしいくら安全だといっても、リスクがあることには変わりがないので、実験の際には先生の指導をよく守らなければならない事は、言うまでもありません。