栄養素としてのカルシウム

栄養素としての役割には、どのようなものがあるのでしょう。どのような経路をたどって体の中に蓄積されるのでしょう。理想的な摂取量の、具体的な数値なども合わせて紹介しますので、是非参考にしてください。体の栄養素としてカルシウムが必要なことがわかるはずです。

栄養素としての役割

体の中で栄養素として働く時には、以下のような例があげられます。いずれの場合も、体の活動の根本に関わる重要なものばかりです。

役割1・ホネや歯をつくる

栄養素としての役割の代表例に、ホネや歯を作る事があげられます。私たちの体の中にあるうち、なんと99パーセントもの量がこれら2つの部位にまわります。特にホネの場合は、その主成分でもあるため、丈夫なホネを作るには摂取が欠かせません。

役割2・心臓、筋肉、神経伝達を円滑にする

残りの1パーセントのカルシウムが、心臓や筋肉、神経伝達組織の働きを円滑にするために使われます。例えば、心臓の場合には脈拍のリズムを一定にキープする働きをし、筋肉の場合にはその収縮に関わってきます。また、けがなどにより血液を固めるのも、働きによる所があるのです。

栄養素としてのながれ

人間の体の中に1キロほど存在しています。これらのカルシウムは、最初に小腸から血液へと吸収されます。この段階で、すぐに使われるカルシウムはその必要箇所へと運ばれ、残りの大部分は一旦ホネへと流れ蓄えられます。この流れそのものが、ホネの形成と言う事ができます。ちなみに、体内で不足が起きると、ホネにあるカルシウムが必要とされている器官に向かう仕組みになっているため、カ不足がホネをもろくする原因にもなるのです。

栄養素としての男女差

私たちの体の中にある量は、男性と女性によって微妙に違いがあると考えられています。簡単に言うと、男性の方が女性よりを多く体内に蓄積しているのです。これは男性の方が一般的に、女性より体が大きいことに原因があります。そのため女性の方が男性よりも不足になりやすく、骨粗しょう症等のトラブルを抱える割合も高いのです。しかし多い事が逆に、男性によく見られるトラブルの原因にもなるのです。

カルシウムと結石

結石の原因の1つに、体内にありすぎる事があげられます。結石は女性よりも男性がかかりやすいトラブルですが、なぜそのような男女差が起こるかは、以上のような原因によるのです。

栄養素としてのカルシウム、その理想摂取量

私たちの体の中に取り入れる場合、その理想となる1日あたりの摂取量はどれ位なのでしょう?私たち人間が必ず通過する、代表的な年代に応じて紹介します。

・0歳児:200ミリグラム

・6ヶ月〜5歳:500ミリグラム

・小学校低学年:600〜700ミリグラム

・小学校高学年:700〜900ミリグラム

・中学校〜高校:700〜900ミリグラム

・その後:600ミリグラム

このように、成長期の子供は栄養素をたくさん体内に取り入れなければならないので、他の年代よりも理想摂取量が多めになるという特徴があります。また女性が妊娠したり、赤ちゃんに授乳しなければならない時期も同様です。女性がこのような状態になった時には、300〜500ミリグラム余分に摂取することが望ましいとされています。また、成人期以降は摂取量に、2500ミリグラムという上限がありますので注意しましょう。この許容上限を超えて摂取すると、先ほど紹介したような結石の他にも、高カルシウム血症などを招く可能性があるのです。

栄養素として、バランスよく取りましょう!

人間の体をバランスよく構成し、なおかつ健康をキープするには欠かせない要素です。ですから普段の食事から、バランス良くカルシウムを摂取する事を心がけましょう。「そんなことを言っても、どんな食品に含まれているんだ!」と考える方もいらっしゃいますよね?そんなあなたのために、このサイト内で別に専門のリンクを作ってあるので、そちらを参考にして頂けると嬉しい限りです。

カルシウムとマグネシウム

単体で摂取しても、なかなか体内で有効に活用されないという特徴があります。簡単に言うと、「+別な栄養素」がそろって初めて、カルシウムがパワーを発揮しやすい環境が整うのです。この別な栄養素の代表格が、マグネシウムです。これはどういう事なのか、筋肉活動を例にして紹介します。先ほど紹介した通り筋肉は、細胞内に入る事でうまく機能します。この細胞内に入る量を調節しているのが、マグネシウムなのです。
ですから【マグネシウム不足→筋肉内にカルシウムがうまく取り込まれない→筋肉活動に支障をきたす】のです。この例はつくづく、栄養素を体内にバランス良く摂取しなければならない事を示す、格好のエピソードなのではないでしょうか?