カルシウムの効果

皆さんはカルシウムの効果と聞くと、どんなものを思い浮かべますか?たいていの方は、歯やホネを頑丈にするという効果を思い浮かべるのではないでしょうか?しかしそれ以外にも、非常にたくさんの効果があるのです。カルシウムが体にもたらす効果について調べていきましょう。

効果

効果は多岐に渡り、それぞれが私たち人間の体には欠かせないものになっています。

効果1・歯やホネを頑丈にする

歯や骨の成分には、多く含まれています。特にホネの場合には、その主成分にもなっています。ですからバランスよく摂取すると、歯や骨を頑丈にする事ができます。

効果2・筋肉の働きを滑らかにする

筋肉細胞にとって潤滑油のような役割を果たす成分です。量が不足すると、筋肉がけいれんを起こしたり、硬直しやすくなってしまいます。ですからスポーツ選手が自分の能力を最大限発揮するには、摂取が欠かせないのです。

効果3・情緒を安定させる

皆さんは、カルシウムが足りなくなると、イライラしやすくなると考えていませんか?実はこれは、医学的な見地からすると少し説明が足りない表現になっています。不足が、直接イライラを引き起こしているわけではないのです。なぜなら、仮に体内で不足しても、それを補うためにホネからカルシウムが溶け出し、血液中の濃度がキープされるためです。カルシウムがなくなるとイライラするという現象は、正確には以下のように説明することができます。

【不足→ホネからカルシウムが溶け出す→何らかの肉体的トラブルを抱える→精神状態が正常ではなくなる(イライラする)】

ですから、常に情緒を安定させるためには、摂取が欠かせないのです。

効果4・肩こりを予防する

摂取と肩こりの間には、大きな関係があることがわかっています。これは具体的には、以下のようなメカニズムにより説明することができます。

【不足→ホネからカルシウムが溶け出す→筋肉・骨格バランスがみだれる→肩こりになる】

ですから、日ごろからバランスよく摂取していると、肩こりの予防にも繋がるのです。

効果5・骨粗鬆症(骨粗しょう症)を予防する

不足が骨粗しょう症のような、大きなトラブルを招くことがあります。ですから逆に言えば、バランスよく取るとこのようなトラブルを事前に避ける事ができるというわけです。骨粗しょう症の詳しい説明は、このページの最後にあるコラムで扱っています。

効果とダイエット

女性の皆さんにとっては特に、ダイエットは大きな関心事の1つですよね。現在ではテレビやインターネット・雑誌などで、「○○ダイエット」の類が頻繁に紹介されています。しかしその中には、体や心に大きなストレスをかけるダイエット方法も少なくありません。しかし効果にもっと注意をすれば、より確実なダイエットが実践できます。

ダイエットの関係

必要分だけ毎日取り続けると、とりあえず筋肉や脳は正常に活動してくれます。つまり摂取量に気を使った食事を心がければ、脳が正常に機能するため、ダイエット特有のイライラ感も少なくなるというわけです。さらには、長期間に渡り安定してダイエットをする事にもつながります。具体的には、肉類などの脂肪分は避けて、小魚系の食品を意識的に摂取する食生活を心がける事がポイントです。気を配ったダイエットとはいわば、食事療法的なダイエットと言う事ができるでしょう。

効果を活かしましょう!

私たち人間にとって大きな効果・影響を及ぼす栄養素です。しかしバランスよく摂取しなければ、逆に結石や高カルシウム血症のようなトラブルの原因にもなります。また単体だけでなく、マグネシウムなども一緒にとらなければその効果は弱まります。詳しくはこのサイト内の「栄養素としてのカルシウム」に詳しく紹介してあるので、是非1度見ていただけると幸いです。

不足と骨粗しょう症

骨粗しょう症は皆さんもご存知の通り、ホネがもろくなってしまう疾患です。骨粗しょう症になるとホネが折れやすくなったり、ひどい場合には寝たきり生活を送らなければならなくなります。また、骨粗しょう症は男性に比べて、女性がなりやすいのが特徴です。特に50代以降の女性は、体内バランスが大きく変化するため骨粗しょう症になる確率が上がります。くれぐれも女性の皆さんには摂取に代表されるバランスの良い食事習慣を心がけていただきたいものです。